FRONTIER INN 柏たなか | innto(イントゥ)

FRONTIER INN 柏たなか

FRONTIER INN 柏たなか

【ホテル名】FRONTIER INN柏たなか様
【施設住所】千葉県柏市小青田5丁目1-8
【インタビュイー】瀨島様
【施設URL】http://www.u-space.com/frontierinn/

2019年8月末にオープンした「FRONTIER INN柏たなか」。運営する三協フロンテア株式会社はユニットハウス・トランクルーム・立体式駐車装置・植物工場の製造、販売、レンタルを行っており、宿泊業界への参入は今回が初となります。同社の強みを活かした宿泊施設の特長、そして「innto」を導入したきっかけについて、管理本部の瀨島様にお話を伺いました。

ユニットハウスメーカーが宿泊業界へ参入した理由

私たちが扱っているのは、ユニットハウスと呼ばれるトラックで運搬可能な建築物。工場内で生産を行い、工程の約80%まで出来上がった状態で建設現場へと輸送。均一な品質を提供できることに加え、大幅に工期を短縮できることから、日本全国の建設現場を中心に一般のオフィスや店舗など幅広い用途でご利用いただいております。


同社の提供するユニットハウス建設例

このユニットハウスに機能を持たせ、何か事業展開できないかと模索する中ではじめたのが「FRONTIER INN柏たなか」です。ホテル事業が初めての試みですので試験的な意味合いが強く、この立地に決めたのも本社に近く、かつ駅前であり、都内にも郊外にもアクセスしやすいという点からなのですが、おかげさまでオープン以後、つくばエクスプレス沿線や、国道16号線沿いに仕事で訪れるビジネスマンの方々から好評をいただいています。

導入の決め手は「低価格」と「操作性のよさ」

当初は無人での営業を検討していたのですが、当社にオペレーションのノウハウがないこともあり、準備段階ではトライアンドエラーの繰り返しでした。トラブルが多発したことを受け、有人での営業に舵を切る中で出会ったのが「innto」。私自身がネット上でリサーチを行い、担当者から説明を受ける形で導入を決めました。


今回お話を伺った三協フロンテア株式会社・瀨島氏

一番安い月額5980円のプランを利用 しているのですが、価格的なメリットが大きいことに加え、操作性がものすごくよかったことが導入の決め手。チェックインから現金の受け取り、そして領収書をお渡しするまでの流れが非常に分かりやすく、これならフロントスタッフが扱いやすいだろうなと思いましたね。

他社のシステムですと機能が限定されているものが多く、領収書が出せない、希望の情報が出力できない、売り上げ管理ができないなど、ストレスを感じる部分が多くありました。「innto」はやりたいことを全てカバーしていましたし、選ばない理由がなかった、というのが正直なところです。

「RemoteLOCK」との連動も大きなポイント

また、「RemoteLOCK」(株式会社構造計画研究所)との連動に対応しているのも大きなポイントでした。これにより通常2つのシステムを操作し無ければいけないところを「innto」上でナンバーキーの一元管理が可能でした。入室管理・セキュリティをオンライン上で管理する「RemoteLOCK」を導入することは、省人化の観点からもすでに決まっておりましたので、これに対応していたのはありがたかったです。

キャビンルーム入り口に設置されている「RemoteLOCK」の施錠システム


「innto」上で顧客一人ひとりに対し、ナンバーキーを発行・管理が可能 ※画像はテスト環境画面

カプセルホテルに必要なベッド単位での管理も可能とあり、「innto」は私たちのニーズに対して非常にフィットしていると感じています。

2020年1月の増床に合わせて、「inntoスマチェ」の導入を検討中

現在当施設は男性専用カプセルホテルとして営業しておりますが、2020年1月には隣接する敷地に女性専用棟をオープンする予定です。


隣接する敷地に女性専用キャビン・グループキャビンを建設中

そうなるとチェックインが混み合う時間帯には1名のフロントスタッフだけで対応しきれないことが想定されますので、受付工数を削減する「inntoスマチェ」とタブレットを数台導入することを検討しています。施設の規模を問わず運用でき、場合によっては「inntoスマチェ」をプラスすることでフロントスタッフの業務効率化を図れる点は、サービスを提供する側としてありがたい限りですね。

今後「innto」に求める改善点は?

改善を希望する点としては、予約サイト等からの顧客情報が「ねっぱん!」を経由するものと、直接スタッフが入力するものとで一元化できないところでしょうか。データ分析を行いたい時など、任意の情報を抽出する際にひと手間かかってしまう点が解消されればよいなと思います。近い将来改善されることに期待したいですね。

ユニットハウスならではのスピード感ある事業展開を計画

当施設の好評を受け、2020年内に複数の施設を開業予定です。ユニットハウスはスピード感のある建築が可能であり、リユースができることから廃材も少なく済みます。ほぼそのままの形で移転することも可能です。一般的なスタイルで宿泊施設を開業することに比べると事業リスクが低いため、将来的には土地活用の一手としてもアピールできるのではと考えています。

カプセルホテルにこだわらず、ユニットハウスを活用できるシーンをこれからも開拓していきたいというのが当社の想い。組み合わせることで建物自体を大きくすることも可能ですし、海外も視野に入れながら、自らの手でニーズを創出していきたいと考えています。
充分に機能が揃っている「innto」を使い、ユニットハウス活用事例の第一号として、宿泊業界への参入を成功に導いていきたいですね。

【施設概要】
FRONTIER INN柏たなか
2019年8月末、つくばエクスプレス「柏たなか」駅より徒歩1分の好立地に男性専用カプセルホテルとしてオープン。1泊3500円~、フロア貸切プランであれば1人2000円以下から利用が可能というリーズナブルな料金設定に加え、清潔かつ快適なこだわりの空間を提供している。カプセルホテルでは珍しい15cmのマットレスを採用しているほか、キャビンの設計は横型を採用。一部キャビンにはセミダブルベッドを導入するなど、快眠が約束されている。

関連キーワード

FRONTIER INN 柏たなか

千葉県柏市小青田5丁目1-8
つくばエクスプレス柏たなか駅より徒歩1分
関連記事
オンライン相談