スマートロックとは?ホテルで利用するメリット・デメリット、選び方を解説 | innto(イントゥ)

スマートロックとは?ホテルで利用するメリット・デメリット、選び方を解説

「スマートロック」という機器をご存知でしょうか。IT技術の進歩によって誕生したスマートロックは、ここ数年で大きく進化し、普及しつつあります。日常生活だけでなく、ビジネスの場、特に宿泊業界にも大きな影響を与えているのです。しかし一方で、スマートロックについてまったく知らない方や、理解が不十分なホテル運営者の方もまだ少なくありません。

そこで今回は、スマートロックの概要や、スマートロックを導入することで得られるメリット・デメリット、施設のニーズに合ったスマートロックの選び方について解説していきます。

スマートロックとは?

スマートロックというのは、スマートフォンのアプリなどを使ってカギの開閉を行う機器やシステムのことです。日本国内で販売が始まったのは2015年頃ですが、その後も年を追うごとに性能が向上し、わずか数年でさまざまな種類のスマートロックが市場に出回るようになりました。機器を開発し、サービスを提供している会社も、ベンチャー企業から大手メーカーまでさまざまです。

そんなスマートロックの仕組みには、いくつかの種類があります。たとえば、初期の頃から販売されている代表的なスマートロックは、ドアなどに取り付けられた機器をスマートフォンの専用アプリで操作するというものです。この際、機器とスマートフォンはWi-FiやBluetoothで通信を行います。

一方で、専用アプリはもちろんスマートフォンすら必要としないスマートロックもあります。サービス会社のサーバーから発行された暗証番号や、SUICAなどのICカードを使ってカギを開閉するという仕組みです。また、開閉したいドアの近くにいなくても、遠隔操作でカギを開閉できるものもあります。

利用者が「物理的なカギ」を持つ必要のないスマートロックは、ホテルや民泊施設、シェアハウス、オフィス、店舗など多くの施設で広く利用されています。賃貸用の物件にスマートロックを設置して、不動産業者が同行しなくても入居希望者が「内覧」できるようにしたもの、貸会議室の扉にスマートロックを取り付けて、予約した時間だけ利用者が開閉できるようにしたものなどは、特にユニークな例といえるでしょう。

スマートロックをホテルに導入するメリット・デメリット

毎日のように大勢の人が入れ替わる宿泊施設にとって、スマートロックは特に利便性の高い機器といえるでしょう。しかし、大きなメリットがある反面、デメリットも存在しています。ここではスマートロックの主なメリットとデメリットについてみていきましょう。

スマートロックをホテルに導入するメリット

1)物理的なカギを持ち歩く必要がない
すべてのスマートロックに共通する代表的なメリットです。宿泊者一人ひとりに部屋のカギを預ける必要がなくなるため、外出中のカギの紛失といったトラブルが発生しませんし、ホテル側のカギの管理も簡単になります。

2)盗難や不正利用の恐れがない
上のメリットとも重なりますが、そもそも物理的なカギを利用者に渡さないため、勝手に合鍵を作られたり第三者にカギを利用されたりする恐れもありません。カギを開閉する時間を指定できるスマートロックであれば、利用者のいない時間帯に勝手に入室されるのを防ぐこともできます。

3)カギのかけ忘れを防げる
一定時間以上経過すると自動でカギを閉める機能や、遠隔でカギを開閉できる機能を使えば、うっかりカギをかけ忘れることもなくなります。これはホテルの利用者にとっても安心・安全な仕組みといえるでしょう。

4)IDとパスワードでも開閉できる
機種によっては、万一スマートフォンを紛失しても、他の端末からIDとパスワードを入力してシステムにログインし、カギを開閉できます。これもホテルの利用者にとってメリットの大きい仕組みといえるでしょう。

スマートロックをホテルに導入するデメリット

1)機器やシステムが故障するリスクがある
スマートロックも電子機器である以上、故障というリスクからは逃れられません。また、アップデート失敗などのシステム側のトラブル、通信機器や通信環境のトラブルなどでサーバーに接続できないときなども、機種によってはカギを開閉できなくなります。

2)定期的な電池交換が必要
多くのスマートロックは電池で動いているため、電池が切れるとドアを開閉できません。電池の寿命は機種によって異なりますが、いずれにしても定期的に電池を交換するなどのメンテナンスが必要です。

3)ハッキング
サービス会社のサーバーで中央管理しているスマートロックでは、サーバーがハッキングされるリスクもあります。結果として、第三者が勝手にカギを開ける、本来の利用者がカギを開閉できなくなるなどのトラブルが発生する可能性は否めません。

ホテルにスマートロックを導入する際の選び方

スマートロックのメリット・デメリットを踏まえた上で、ホテルにとって最適なスマートロックを導入するポイントを考えてみましょう。

なぜスマートロックが必要なのかを考える

まず考えるべきなのは、「そもそもスマートロックは必要なのか?」という点です。現在のカギの運用に不便や不具合を感じていないのであれば、わざわざスマートロックを導入する必要はないかもしれません。スマートロックの設置によって、利用者側とホテル側の双方にメリットが発生するかどうか、しっかりと検討してみましょう。

スマートロックの機能で選ぶ

スマートロックにはさまざまな種類があります。スマートフォンと専用アプリが必要なもの、サービス会社のサーバーと通信が必要なもの、取り付け工事が必要なものなど、それぞれのメリット・デメリットを理解した上で機種を選定していきましょう。特に、ハッキング対策などのセキュリティを重視する場合には、Wi-FiよりもBluetoothで通信する機種をおすすめします。Bluetoothは、通信内容の暗号化などセキュリティ面で優れているため、トラブルのリスクが低いからです。

導入費用や維持費で選ぶ

スマートロックにかかる費用には「本体費用」「取り付け費用」「サービス利用料金」の3種類があります。とはいえ、すべての費用が必ず必要とは限りません。「本体が数百円で、利用料金が毎月発生する」というものもあれば、「本体は数万円で、買い切り(利用料金は発生しない)」というものもあります。また、取り付け工事が必要なものもあれば、両面テープで簡単に取り付けられるものもあります。

まとめ

今回は、スマートロックについて説明しました。スマートロックの導入には、「カギの管理が容易になる」「セキュリティが向上する」といったメリットがある一方で、「トラブルでカギが利用できなくなる」「ハッキングを受ける」といったリスクが伴うこともあります。また、スマートロックにはさまざまな種類があり、機種やサービス会社ごとに機能も費用もさまざまです。ぜひ今回ご紹介した内容を参考に、施設のニーズに合ったスマートロックを検討されてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェア
オンライン相談