サイトコントローラーとは?PMSとの違いやホテルに導入するメリットを解説 | innto(イントゥ)

サイトコントローラーとは?PMSとの違いやホテルに導入するメリットを解説

ホテルを経営する上で、予約管理は非常に重要な業務です。特に「楽天トラベル」や「じゃらん」などのOTAを活用する場合、複数の予約システムをどのように一元管理するかは、ホテル経営者にとって大きな課題といえるでしょう。この記事では、ホテルの予約管理を効率化するサイトコントローラーの概要や基本機能、PMSとの違い、サイトコントローラーを導入するメリットについて説明します。

サイトコントローラーとは

サイトコントローラーというのは、自社のサイトや国内のOTA(「楽天トラベル」や「じゃらん」など)、海外のOTA(「Expedia」「Booking.com」など)といった複数の予約サイトを一元管理できるシステムのことです。複数の予約チャネルを管理できることから、海外ではチャネルマネージャーとも呼ばれています。

複数の予約チャネルを同時に活用すれば販売の機会が増え、販売数の増加が期待できます。しかし、ダブルブッキングのリスク管理を行い、ダブルブッキングを避けるためには、販売数を細かく割り振るといった手間の発生も無視できません。こうしたデメリットを防ぎ、予約管理を効率化するのがサイトコントローラーというシステムなのです。

サイトコントローラーはオンラインシステムであるため、特定の端末を必要としません。すでに使っているパソコンやタブレットなどの身近な端末で手軽に利用できるのも大きな特徴といえます。

サイトコントローラーの基本機能

サイトコントローラーには、複数の予約サイトを効率的に管理するためのさまざまな機能が備わっています。ここでは、どのようなサイトコントローラーにも共通する基本機能を説明します。

<在庫・料金管理機能>
客室の在庫を一元管理してダブルブッキングを防ぐ、サイトコントローラーの代表的な機能です。カレンダーを利用して日々の在庫調整をしたり、販売料金の細かい管理や特定サイトの売り止めをしたりすることもできます。

<料金ランク設定>
繁忙期と閑散期、平日と週末など、時期や曜日によって料金を変化させたい場合に複数の料金ランクを設定できます。

<予約管理>
すでに入っている予約について、予約や宿泊の日時、予約されたプラン、予約者の情報などを一覧で確認できます。

<分析>
予約チャネルごとの販売実績や、部屋タイプごとの販売実績・稼働実績を分析できます。分析したデータはCSV形式でダウンロードできるため、Excelでの活用も簡単です。

サイトコントローラーとPMSの違い

サイトコントローラーと同じように、多くのホテルで活用されているシステムがPMSです。ここでは、PMSの概要と、サイトコントローラーとの違いについて説明します。

そもそもPMSって?

PMSとは、Property Management Systemという英語の頭文字を並べたもので、主にフロント業務を管理するシステムのことです。具体的な機能としては、部屋割り、空室の管理、清掃の手配といった客室の管理から、売上や顧客情報など経営上の管理をまでを一元管理できます。

そんなPMSですが、さまざまな種類のシステムが存在するのも特徴のひとつです。導入費用が無く保守管理を外部に任せられるクラウド型や、施設内にサーバーを設置しインターネット接続なしでも利用できるオンプレミス型など、経営上の都合や施設のニーズに合わせて選ぶことができます。

サイトコントローラーとPMSの役割分担

サイトコントローラーとPMSは、ホテル運営をサポートするシステムという点では共通しています。しかし、それぞれの機能や役割はまったく別物です。PMSは「施設内のフロント業務」を一元管理するのに対し、サイトコントローラーは複数の予約サイトという「内外の販売チャネル」を一元管理します。

このように、サイトコントローラーとPMSは互いに補い合い、共存するシステムなのです。そのため、どちらか一方だけを使うのではなく、互いに連携させながら利用していくことが望ましいでしょう。

サイトコントローラーを導入するメリット

冒頭でも少し説明しましたが、サイトコントローラーにはホテルの販売数を増加させ、ダブルブッキングを防ぐ効果があります。ここでは、それぞれのメリットについてもう少し詳しくみていきましょう。

稼働率と宿泊単価が向上するので売上が伸びる

サイトコントローラーを導入すれば、自社サイトに加え国内外の複数のOTAを簡単に一元管理できるようになります。販売チャネルが増えれば、より多くの人の目に留まるようになるため、客室の販売数(ホテルの稼働率)アップが期待できるでしょう。加えて、稼働率を上げるための無理な低価格販売が必要なくなるため、客室単価の維持やアップも不可能ではありません。結果として、ホテルの売上が伸びるというわけです。

業務効率化とコスト削減、トラブル防止になる

サイトコントローラーで複数の販売チャネルを一元管理すれば、ホテルの運営業務が大幅に効率化され、結果として人件費の削減につながります。また、すべての客室を複数の予約サイトで販売している場合、あるサイトで予約が入れば他のサイトで売り止めを行うため、ダブルブッキングのトラブルも防げます。

PMSと呼ばれるホテル管理システムの導入メリットとは?

まとめ

今回は、サイトコントローラーに焦点を当て、特徴や機能、PMSとの違い、導入のメリットについて説明しました。サイトコントローラーを利用すれば、自社サイトやOTAなどのさまざまな予約サイトを簡単に管理でき、売上増加やトラブルの回避にもつなげられます。これからホテル経営を始める方はもちろん、まだサイトコントローラーを利用されていないホテル経営者の方も、ぜひ本記事を参考にサイトコントローラーの導入を検討していってみてはいかがでしょうか。

この記事をシェア
オンライン相談