福岡宿泊税に対応しました | innto(イントゥ)

福岡宿泊税に対応しました

いつもinntoをご利用頂き有り難うございます。 inntoは、ご導入頂いている皆様の声を反映し、定期的にアップデート、機能追加をしていく進化するPMS(宿泊管理システム・ホテルシステム)です。
今回、2020年2月19日のアップデート内容をお知らせ致しますので、ご確認下さい。

福岡市にて令和2年4月1日から施行される宿泊税の税金対応が、inntoの設定で可能になりました。

宿泊税の税金設定をすることで、宿泊料金に応じた宿泊税が自動的に加算されます。

※宿泊税科目の自動加算適用は本アップデート後に取り込んだ予約が対象となります。

福岡宿泊税の設定方法

inntoホーム画面の「設定」から、「税金設定」をクリックしてください。
設定する税金科目が表示されますので、宿泊税を選択し、保存を押して設定完了となります。
※福岡市以外の福岡県内の施設様と福岡市の施設様で税率等が異なりますので、必ず該当の宿泊税項目を選択いただきますようご注意ください。

福岡県内(北九州市含む)の施設様→宿泊税(福岡県)をご使用ください。
福岡市内の施設様、宿泊代が20000円未満の場合→宿泊税(福岡市0)をご使用ください。
福岡市内の施設様、宿泊代が20000円以上の場合→宿泊税(福岡市20000)をご使用ください。

添い寝無料などにより、宿泊料金が発生しない場合や、外国大使等の任務遂行に伴う宿泊などの課税免除がある場合は、予約明細より宿泊税を0円にする編集操作が必要となります。

※福岡市以外の福岡県内の施設様と福岡市の施設様で税率等が異なりますので、必ず該当の宿泊税項目を選択いただきますようご注意ください。

予約明細への宿泊税の表示

上記税金設定を行うことで、令和2年4月1日以降の予約に対して、宿泊料金に応じて宿泊税が自動的に加算されます。
予約明細の「宿泊料」の左側にある「+」を押すことで、宿泊料に対応する宿泊税を閲覧することが可能です。

※宿泊税科目の自動加算適用は本アップデート後に取り込んだ予約が対象となります。

宿泊税を編集したい場合は、「利用明細」の左側にある鉛筆アイコンをクリックすることで、編集することができます。

※北九州市と福岡市の施設様の場合には、県税と市税合算の徴収となりますが、利用明細等にに県税と市税の内訳は表示はされません。
オンライン相談