タブレットで受付工数を削減するスマートチェックイン「inntoスマチェ」をオプション機能としてリリース | innto(イントゥ)

タブレットで受付工数を削減するスマートチェックイン「inntoスマチェ」をオプション機能としてリリース

いつもinntoをご利用頂き有り難うございます。 inntoは、ご導入頂いている皆様の声を反映し、定期的にアップデート、機能追加をしていく進化するPMS(宿泊管理システム・ホテルシステム)です。
今回、2019年4月2日に新たなオプション機能のスマートチェックイン用タブレットアプリ「inntoスマチェ」をリリースします。

スマートチェックイン機能「inntoスマチェ」とは

スマートチェックイン機能は、紙による宿泊者名簿をなくし、タブレット端末から宿泊者自身でチェックイン手続きができるタブレットアプリです。
チェックインの手続きは、宿泊者自身がタブレット端末上で、

予約を検索
宿泊者情報の入力
署名

のわずか3ステップを行うだけでセルフチェックインが完了します。

また、近年増加している訪日外国人宿泊客のチェックインにも対応し、多言語での対応、パスポート画像の撮影機能など、これまで時間と手間がかかっていた業務を削減することができます。

「inntoスマチェ」の導入により、『チェックイン業務効率化』『宿帳の電子化による紙の保管コスト削減』を実現します。

inntoをご利用中の施設様専用のオプション機能として提供します。

「inntoスマチェ」の特徴

日本語、英語、韓国語、中国語(簡体)、中国語(繁体)に対応しています。

海外在住の場合には、パスポート写真を撮影します。撮影した写真はinntoの顧客情報に自動で保存されます。

これまで手書きで取得していた宿泊者情報を、アプリのガイドに沿ってスムーズに入力できます。予約情報と連携しているため、宿泊者の入力の手間を省くこともできます。入力された情報はinnto自動で保存されます。

客室名など、お客様にご案内が必要な情報をレシートに印刷してお渡しできます。
※別途推奨のレシートプリンタが必要です。

より詳細の機能について知りたい方は、オプション機能「inntoスマチェ」ページをご確認ください。

inntoスマチェ紹介ページ → https://innto.jp/option/smartcheckin

「inntoスマチェ」のご利用について

inntoをご利用中の施設様専用のオプション機能になります。
ご興味がある方は、営業担当にお問い合わせ頂くか、本サイトのお問い合わせよりご連絡ください。

「inntoスマチェ」の設定方法

本リリースに伴い、「設定」メニューに新しく「鍵連携」「スマチェ」項目が追加されます。
ご利用申込して頂いた施設様にはマニュアルをご提供しますので、マニュアルに沿って設定、運用をお願いします。

鍵連携

inntoスマチェと連携するスマートロック(RemoteLock)の設定を行います。

スマチェ

inntoスマチェに関する基本設定、言語設定を行います。レシートプリンタご利用の場合は、ここからレシートについての設定も行うことができます。

オンライン相談